« 2016年4月 | トップページ | 2016年6月 »

2016年5月

2016年5月30日 (月)

カーテン派?ブラインド派?

建物が完成が近づくと、最後の打ち合わせはカーテンブラインドの打ち合わせです。

できれば、早めにイメージしておきましょう。
中でも縦型ブラインドはおすすめです。

Img_8370

シンプルで機能的です。
まず、羽の角度によって視線や光の調整ができ、通風もできます。
横型ブラインドのように、ホコリが乗らないのもいいですね。
ちなみに洗濯機で洗える生地もあります。

Img_8303

羽の下端は紐でつながっているのですが小さいお子さんが遊ぶ場合は紐を取っておきましょう。あまり支障はないです。
横型ブラインドはシャープで美しいのですが、
風が強い時は、羽のびびり音が気になることがあります。
羽の強度があって、幅の広いものがおすすめです。

Rimg3048

これは、木製タイプです。

Rimg3046

F02a9791

こちらは、乳白色のアクリル製です。
どちらも、強度があるので、羽の掃除も比較的しやすいですよ。
次回は、ロールスクリーンとカーテンを検討してみましょう。
ではまた。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年5月24日 (火)

風景としてのキッチン

LDKが一体の空間ではキッチンのあり方が空間の印象をぐっと変えますね。

これまでの設計例をダイジェストでご紹介しましょう。

F02a1510

こちらは6センチ厚のレッドオークのカウンターとペンダント照明、白いサイドフード。カウンターはオイル塗りなので、使い込むほどにカッコよくなります。

0d0a1580

こちらは、この字型システムキッチン、フル装備です。
収納システムはよく考えられていますよ。

0d0a3980

ステンレスのキッチンも自然素材とよく合いますね。
清潔感と少しの緊張感が自然素材とのコントラスト、ここちいいです。

Img_6144

25㎜角のモザイクタイルでつくったカウンターと白いセンターフード。外の景色を見ながら料理できるコンセプトです。通路側にはみんなで使う本棚を。

Img_6157

内側にはステンレスの調味料入れの棚をつくっています。タイル目地はもちろん油がしみにくい「スーパークリーンキッチン目地」を使用します。
普通の既製品のキッチンでは・・・
ただ予算的にオーダーキッチンまでは・・・いう方、
ご検討ください。

ではまた。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年5月18日 (水)

リメンバー、わら床畳。

着工前の建材のサンプル確認は重要です。

今回はその中でもめずらしいこれ!

Img_3614

たたみ?

Img_3615

わら床畳です。

Img_3616

施主が畳の踏み心地にご興味があるので、畳屋さんにサンプルを用意してもらいました。
畳やさん曰く、現在はほとんど出ないそうです。
現在の主流はスタイロ畳です。

Img_3618

最近は、このように3層構造になっていたのですね。
肝心の踏み心地はといいますと・・・
・・・若干・・・た・し・か・に、藁床畳のほうがソフトですね。
ただ、今の住宅は気密が高いので、和室の換気には注意が必要のようです。
では、また。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年5月11日 (水)

いつものカップボードは

今回の食器棚は、オークの突板の木目を横にしてみました。
塗装は透明の艶なし自然塗料塗りです。

全体的なデザインはシンプルすぎるように見えますが、
ここには、いろいろなデザインや色の家電や食器が置かれますので住み出して丁度いいように難しいことはしないようにしています。

Rimg3143

真ん中のスペースはゴミ箱置き場として空けています。
引き出しの高さはお気に入りのお皿やグラスに合わせて決めていただくこともできますよ。
今回の引手金物は

Rimg3144

鈍い艶消しシルバーが渋いですね。こういう製品、意外とないのです。
今回は出張ついでに、東京で買ってきました。
ディテイルにこだわると愛着がわきますね。
ではまた。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年5月 9日 (月)

プレゼンの道

ゴールデンウイークお疲れさまでした。

「多肥の家」見学会に来ていただいた方、ありがとうございました。

Img_3563

来ていただいたみなさんが中二階の北側の眺めに感心していただきました。

Rimg3082

先日、施主とこのバルコニーで話をしていると
施主のご両親からは反対されたようです。
「北側にバルコニーをとって意味があるのか?」
「南に庭が一切なくて家じゅう暗いのではないか?」
と、かなり心配されたようです。
私が作ったCGなどを見せて、説得したそうですが
なかなか理解してもらえなかったようです。

Rimg3137

結果的には、完成した美しい眺望と明るい室内をみて喜んでいただいたようです。
なかなか、理解していただくというのは難しいですね。
より丁寧なプレゼンを心がけたいと思います。
ではまた。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2016年4月 | トップページ | 2016年6月 »